So-net無料ブログ作成
検索選択

<酒気帯び運転>病院職員の懲戒免を停職3月に変更 三重県(毎日新聞)

 酒気帯び運転で検挙され懲戒免職処分となったのは職権の乱用だとして、三重県立志摩病院の男性職員(52)=3月10日付で同病院運営調査部主幹に復職=が県を相手取り処分の取り消しを求めた訴訟で、取り消しを命じた1、2審の判決が最高裁で確定したことを受け、県病院事業庁は23日、男性を同日付で改めて停職3月の懲戒処分にした。県によると、飲酒運転による懲戒免職処分を変更するのは異例という。

 処分の変更について同庁は「『飲酒運転には厳罰をもって臨む』という方針自体を変更してはいないが、最高裁まで訴訟が続き、約2年4カ月の間、県職員の身分を失ったことなどを考慮した」などと説明している。

 男性は07年7月6日午後7時から翌7日午前1時までの間、休暇で訪れていた横浜市内で飲酒しホテルで就寝。午前10時15分ごろから乗用車を運転し、酒気帯び運転の疑いで検挙され、略式起訴された。男性は、県の懲戒免職処分を不服として提訴し、1、2審とも飲酒翌日の検挙であることなどを理由に「事故を伴わない酒気帯び運転への処分としては過酷で重過ぎる」と県に処分の取り消しを命じた。【福泉亮】

【関連ニュース
酒気帯び運転:都立高副校長が交通事故…容疑で書類送検へ
酒気帯び:神奈川県議が追突、逮捕
飲酒運転:取り消し処分者の講習強化 自覚日記4週間
酒気帯び運転:中2男子生徒を逮捕 原付きバイク2人乗り
窃盗未遂:衣類盗もうとした疑い…警視庁警部補を逮捕

舛添前厚労相が自民に離党届提出 自民は議員辞職要求(産経新聞)
<化石>アナジャコ属の新種発見 アジア最古 北九州で(毎日新聞)
都心で41年ぶりの遅い雪 千葉では記録更新(産経新聞)
猿人に近い種が祖先か=インドネシアの小柄な古人類−豪大教授が新説・国立科博(時事通信)
27日から「特別展 龍馬伝」江戸東京博物館(産経新聞)

来年の大河ドラマめぐり早くもキャラ乱立(産経新聞)

 戦国武将、浅井長政の三女を主人公にした来年のNHK大河ドラマをめぐり、三女ら3姉妹を素材にしたキャラクターが早くも“乱立”の様相を呈している。舞台となる滋賀県長浜市と、同市内の湖北町商工会がイラストと着ぐるみをそれぞれ作っていたが、今月になって滋賀県と福井県が新キャラクターの募集を開始。「ひこにゃん」など「ゆるキャラ」王国の滋賀県だが、ドラマのゆるキャラも人気を集めるか。

 ドラマは徳川2代将軍・秀忠の正室・江(ごう)の生涯を描く「江〜姫たちの戦国〜」。江の姉は、豊臣秀吉の側室となる淀と京極高次に嫁いだ初で、「浅井3姉妹」として知られる。

 湖北町商工会では、旧湖北町が長浜市に合併する前の平成20年から3姉妹のPRを始めており、着ぐるみを使って県内外でPR。長浜市も同じ20年に3姉妹のイラストを決定し、ポスターなどで宣伝していた。

 ところが、滋賀県と同じく舞台となる福井県が、今月から新キャラクターの募集を始めた。滋賀県は「共存共栄は可能」とするが、湖北町商工会は「こっちの出番が少なくなる」、長浜市も「イベントで鉢合わせがないか」と戦々恐々としている。

【関連記事】
再来年NHK大河は「江」 将軍秀忠正室
意外とアレ強い? 関係者激白…大河ヒロイン上野樹里
“先輩”福山龍馬に続け! 次の大河ヒロインはアノ女優に
上野樹里さん、来年の大河ドラマ主演に 「江〜姫たちの戦国〜」
11年NHK大河「江〜姫たちの戦国〜」

市長派市議、阿久根市長不信任決議案を提案(読売新聞)
火山噴火 成田も欧州便の欠航拡大(毎日新聞)
ピークは下り1日、上り5日=GWの予約状況−JR各社(時事通信)
モヤシ 安さで存在感 不況と天候不順での野菜高騰の中(毎日新聞)
普天間 徳之島移設案を民主党鹿児島県連に伝達へ 政府(毎日新聞)

北日本は大荒れ、東日本はポカポカ(産経新聞)

 気象庁は13日、低気圧の影響で14日にかけて北日本を中心に風が非常に強まり、海上が大しけになるとして、暴風や高波に警戒するよう呼びかけた。

 気象庁によると、日本海の低気圧が急速に発達しながら北東に進み、14日朝にはサハリン付近に達して、日本付近は一時的に強い冬型の気圧配置となる見込み。

 北日本では14日にかけて海上を中心に風が非常に強く、寒気の影響で雪を伴い、吹雪になるところもあるという。予想される最大風速は、北海道東北の日本海側の強い所で海上25メートル、陸上20メートル。

 北日本では13日、強風による被害が相次いだ。北海道では13日朝、北海道富良野市で、飛んできたパンのケースがぶつかり、男性(62)が転倒、軽傷を負った。新潟県胎内市では、12日夜、強風でスギが倒れ、市営住宅の屋根が一部損壊した。市営住宅は、空き家で、けが人はなかった。

 札幌市では13日午前7時37分ごろ、北区新琴似町で「木くずが燃え、建物に燃え移りそうだ」と近くの人から119番通報があった。付近の作業所や倉庫など8棟と車6台が焼けたが、けが人はなかった。

 札幌市消防局によると、現場には資材や廃材が置かれ、強風で火が燃え広がったとみられる。札幌管区気象台によると、13日午前、札幌市の最大瞬間風速は29・9メートルを記録していた。

 一方、東日本では、南から暖かい空気が流れ込み、気温が上がった。

 東京では、真冬並みの寒さだった昨日から一転して、午後0時46分には20度を記録、予想最高気温は4月下旬から5月上旬なみの21度。長野や前橋などでは、最高気温が25度を記録する見込み。

【関連記事】
サクラ満開予想、近畿は寒の戻りでずれ込む
「黄砂」増大可能性 ぜんそくや花粉症の悪化も 
177番の天気予報更新されず 気象庁の注意報誤配信で
桜開花予想ハズレ…森田氏、頭下げる「大目に見てください」
気象庁係長をすりで逮捕 出勤途中の地下鉄内で
外国人地方参政権問題に一石

<バス追突>日本人観光客数人けが オーストリア(毎日新聞)
男女間暴力、被害届前でも逮捕検討…警察庁(読売新聞)
産廃処理業者3社、処理法違反で許可取消し(産経新聞)
ダイバーに人気、天使の輪を持つ「ダンゴウオ」(産経新聞)
警察庁長官 北九州の暴力排除「住民運動を全面支援」(毎日新聞)

京都大 「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)

 京都大の入学式が7日、京都市左京区の市勧業館みやこめっせであり、10学部計3013人の新入生が大学生活のスタートを切った。京大では学生による覚せい剤所持や準強制わいせつ事件などが相次いでおり、松本紘学長が式辞の冒頭、「自由(の意味)をはき違えないでほしい」とクギを刺した。

 松本学長は「(青春時代は)心が沸き立つような直接的な人間の欲望に制圧されうる危うさがある」と、京大教授だった哲学者、和辻哲郎の言葉を引用。青春の勢いを芽にたとえ、「芽の成長をひずませず、それを助ける滋養分だけを与えることが肝要」と強調した。【広瀬登】

【関連ニュース
卒業証書:有山楓ちゃんに 04年奈良で誘拐、殺害される
入学式:元気いっぱい新1年生…東京都内の小学校
眞子さま:国際基督教大の入学式に出席
東大:2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気
京都大:卒業式、今年も仮装登場…でも少なめ

「変わる意思なければサッサと辞める」幹事長代理就任で河野太郎氏(産経新聞)
「左右をよく見て」新1年生対象の交通安全訓練(産経新聞)
鳩山邦夫氏、新党参加当面見送り…平沼氏と一致(読売新聞)
山崎直子飛行士 巨大コンテナ取り付け終了 定評通り順調(毎日新聞)
「来恋みこし」来ないギャル ハッピ姿恥ずかしい? 滋賀・草津宿場まつり(産経新聞)

山崎さんのシャトル打ち上げへ=日本人最後の飛行−宇宙基地に物資補給(時事通信)

 【ケープカナベラル(米フロリダ州)時事】米航空宇宙局(NASA)は5日午前6時21分(日本時間同日午後7時21分)、ケネディ宇宙センター(フロリダ州)から、山崎直子さん(39)ら日米7人が乗ったスペースシャトル「ディスカバリー」を打ち上げる。
 ディスカバリーは約10分後に目標の地球周回軌道に入った後、7日未明(同日午後)に国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングし、実験設備や食料などを届ける。
 山崎さんは初飛行。日本人女性の飛行は1998年秋の向井千秋さん(57)以来、11年ぶり。シャトルは年内に退役するため、飛行は今回を含め残り4回だけで、日本人の搭乗は7人目の山崎さんで最後となる。
 ISSには野口聡一さん(44)が長期滞在しており、山崎さんが到着すると、初めて日本人2人が宇宙で顔を合わせる。滞在人数は一時的に計13人となり、過去最多タイ。このうち女性は4人で、新記録となる。
 ISSに運ぶ物資は円筒形の大きなコンテナに詰められ、シャトルの貨物室に収納されており、山崎さんがロボットアームを操作してコンテナをISSに取り付ける。山崎さんはアームでシャトルの機体点検も行うほか、物資搬入作業の責任者を務める。
 シャトルは約13日間飛行。山崎さんら乗員は16日未明(同日午後)にISSから離れ、18日朝(同日夜)にケネディ宇宙センターに着陸する。野口さんは6月2日にロシアのソユーズ宇宙船で帰還する予定。 

【関連ニュース
【動画】ロボット力士が熱戦=優勝は高校生ら、国技館で大会
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション

「初動捜査の進化必要」足利事件で警察庁長官(読売新聞)
鳥取県、私立中生徒へ独自の支援金…全国初(読売新聞)
<京都御所>桜も満開、一般公開始まる(毎日新聞)
B型肝炎訴訟 原告が抗議行動…厚労相面談拒否で(毎日新聞)
ラーメン具の定番「なると」、ブームに乗れず…(読売新聞)

<転落死>走行中にハッチ開き車椅子ごと車外に 津の82歳(毎日新聞)

 3日正午ごろ、津市久居新町の商業施設「ポルタ久居」の立体駐車場3階で、同市新家町、津税務署職員、吉野浩彰さん(48)運転のワゴン車のハッチが走行中に開き、後部座席から母ひなえさん(82)が乗っていた車椅子ごと車外に転落した。ひなえさんは頭を強く打ち約5時間後に死亡した。県警津南署が、車椅子が固定されていたかなど原因を調べている。

 同署によると、ワゴン車は3列シートで、ハッチを開けて3列目のシートを倒し、車椅子を車に乗り入れる専用のレールを敷いて乗り降りしていた。吉野さんは「ハッチはしっかり閉めたつもりだった」と話しているという。【福泉亮】

首相側「子分」に裏金か 15年衆院選、熊田議員側へ200万円(産経新聞)
連携全く考えず=与謝野氏ら「新党」で−菅副総理(時事通信)
<拉致問題>対策本部の事務局長代理に三谷秀史氏(毎日新聞)
<北海道4児死亡>車内に使い捨てライター、紙に引火か(毎日新聞)
ベランダのプランターに乳児埋める、母親を逮捕(読売新聞)

足利事件の影響 裁判所の証拠検討より慎重に(産経新聞)

 犯人特定に高い信用性を誇っていたはずのDNA型鑑定が誤っていたことで再審無罪となった足利事件。誤った鑑定が結果的には虚偽の自白をも引き出したという当時の問題点が次々に浮かび上がる中で、裁判所は、証拠について、より広範かつ慎重な検討を重ねるようになり始めた。足利事件の影響は再審請求を中心に広がっている。

 昭和38年に埼玉県狭山市で女子高生が殺害された「狭山事件」の第3次再審請求審で東京高裁は昨年12月、検察側に対し警察の捜査メモや犯行時間帯の目撃証拠などの開示を勧告した。弁護団が当初から開示を求めてきたもので、昭和52年の第1次再審請求から30年以上を経て、狭山事件では初めての勧告だった。

 狭山事件は足利事件などと同様、自白が有力な証拠となった。ただ、自白偏重の捜査による冤罪事件が相次ぐ中で、かつては“証拠の王様”といわれた自白について、その信用性や任意性を支える証拠の重要性が見直されている。狭山事件での勧告はその流れを示すものといえる。

 神奈川県三浦市で昭和46年に一家3人が殺害された「三崎事件」の再審請求審では、死刑確定の唯一の物証で、被害者のものとされた血痕のDNA型鑑定が行われることになった。昨年した元死刑囚はこの血痕を一貫して自身のものと主張してきたが、当時の警察の血液鑑定では「被害者と一致した」とされ、裁判でも認められた。

 ただ、足利事件で無罪のきっかけとなった再鑑定にみるように、現在のDNA型鑑定が正しく運用されれば、時間を経た血液などでも、保存状態次第では精度の高い結果が得られる可能性がある。このため、裁判所はできうる限りの検討をするため、鑑定を決めたとみられる。

 あるベテラン裁判官は、慎重になりつつある証拠検討について「有罪、無罪の結論にかかわらず、検察や弁護側、一般国民に向けて納得のいく結論を導き出すため、できる限りの証拠を精査していこうという意識が裁判官の間に広がっているのではないか」と指摘している。

【関連記事】
足利事件の再審 菅家さんに無罪判決
足利再審判決後に市民集会 「無罪判決を祝いたい」
足利再審 検察当局、控訴しない方針
足利事件 誤判原因は解明されたのか
足利再審 異例のテープ再生 生々しい取り調べを再現

いっそ学校は昼まで…塾通いに補助を(産経新聞)
コーヒー豆商標訴訟でエチオピア勝訴=特許庁の審決取り消し−知財高裁(時事通信)
<殺人未遂>母親刺した疑い、15歳長男逮捕 京都(毎日新聞)
<中国毒ギョーザ>中国政府の対応評価 平野官房長官(毎日新聞)
【社説検証】生方発言騒動 民主に自浄努力迫る産経、朝日も小沢氏に期待せず(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。