So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

春闘、経団連の立場理解=「簡単に昇給できる状況でない」−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は26日夜、2010年春闘で連合が日本経団連に対し、定期昇給などによる賃金水準の維持を主張していることについて「連合の考えとすれば理解できる。ただ、経済状況はそう簡単ではない。経営者にとってみて、簡単に昇給できるという状況ではないと思う」と述べ、経団連側の立場にも理解を示した。首相官邸で記者団に語った。
 連合は民主党最大の支援組織。同党代表でもある首相のこうした発言は、政府・民主党や連合の間で論議を呼びそうだ。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美人すぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
株安・円高「様子を見る」=鳩山首相
衆院解散の意思ない=鳩山首相

<わいせつDVD>販売容疑で元組幹部ら逮捕へ 愛知(毎日新聞)
<日清ファルマ>カプセルは「トクホ」認めず 消費者委(毎日新聞)
<文化財防火デー>意識新たに、法隆寺で訓練(毎日新聞)
藤川優里氏「出馬は?」に笑顔で無言…自民党大会(スポーツ報知)
父に暴行、被告に懲役9年=遺体写真審理後、裁判員解任−福岡(時事通信)

留学生 長期の外国人生徒数、初の減少 08年度(毎日新聞)

 日本の高校に3カ月以上の長期留学をした外国人生徒数が08年度、初めて減少に転じたことが文部科学省の調査で28日分かった。同省は不況の影響とみており「無償でのホームステイ受け入れを負担に感じる日本の家庭が増えていることも、背景にあるのではないか」と分析している。

 調査は86年度から隔年で実施。日本の高校への留学生は増え続けてきたが、08年度は延べ1816人と06年度比で50人減った。出身国別では、中国が503人(06年度比132人増)、韓国が96人(同35人増)と伸びているのに対し、米国は209人(同57人減)、豪州は170人(同53人減)、ドイツは118人(同26人減)と遠方の国からの留学生が減っている。文科省は「世界同時不況で、送り出す側の国の家計も影響を受けている。日本への関心が低くなったわけではないと思う」としている。

 日本から海外の高校に3カ月以上留学した生徒数は、08年度は3190人と06年度比723人(18.5%)の大幅減。文科省は「不況の影響が大きい」としながらも、「留学への関心の薄れもある。インターネットなどで海外の情報が容易に入手できるようになったためではないか」としている。【加藤隆寛】

【関連ニュース】
韓国:米大学試験で塾講師、時差利用しカンニング タイで入手、米の留学生にメール
衣・食・遊体験ツアー:子どもと留学生交流 伝統の遊びや食文化体験−−周南 /山口
災害体験:ゲーム通し体験、留学生らがワークショップ 熊本市で来月6日 /熊本
キャンパスウオーク・これが評判!:亜細亜大 留学生会 /東京

無理心中 妻と子供2人死亡 夫を殺人容疑で逮捕 大阪(毎日新聞)
<陸山会土地購入>収支報告書知らぬ…大久保容疑者供述変更(毎日新聞)
<八王子射殺>犯人履いていたスニーカー公開(毎日新聞)
文化財防火デー 本番さながらの訓練 太宰府天満宮(毎日新聞)
TVアニメ違法配信の男逮捕=新たな共有ソフト利用−京都府警(時事通信)

<皇太子さま>国際衛生年会議に出席 東京・渋谷(毎日新聞)

 皇太子さまは26日、東京都渋谷区の国連大学で開かれた国際衛生年フォローアップ会議「国際衛生年を超えて〜世界の隅々まで持続可能な衛生サービスを供給するために」の開会式に出席した。式後にあった全体会合には、皇太子妃雅子さまも姿を見せ、皇太子さまとともに聴講した。

 皇太子さまはあいさつで「世界の関係者が一堂に会し、衛生と社会とのかかわり、地域に適した技術のあり方、資金調達の方法などさまざまな課題についての議論が行われることは、誠に意義深いことと思います」と述べた。全体会合では、アジア、アフリカ、中南米などの水と衛生の現状について報告された。

裁判員の辞退希望21%、70歳以上・学生…(読売新聞)
政治献金→融資→個人資金…小沢氏の説明転々(読売新聞)
<発達障害者>「推進会議」に参加を…支援団体が要請(毎日新聞)
囲碁十段戦、挑戦者に山下棋聖(産経新聞)
昨年の自殺3万2753人、前年より504人増(読売新聞)

柔道初段コンビニ店員、強盗に“一本”(読売新聞)

 21日午前1時35分頃、兵庫県川西市萩原1のコンビニエンスストア「ローソン川西萩原1丁目店」で、男がカウンター内に押し入り、男性店員(22)にナイフ(刃渡り6センチ)を突きつけ「金出せや」などと脅した。

 店員はナイフをかわして男を羽交い締めにし、そのすきに別の男性店員(21)がナイフを取り上げた。店の客が北100メートルほど離れた川西署まで駆けつけ通報。署員が男を強盗未遂容疑の現行犯で逮捕した。

 発表によると、同市出在家町、無職清水達也容疑者(47)。

 清水容疑者を羽交い締めにした店員は大阪府内の大学4年生で、高校時代の3年間、柔道部に所属し、初段の腕前。「とっさのことだったが、体が自然に動いた」と話していたという。

鳩山内閣、占星術的にはほぼ完璧らしいが…(産経新聞)
<鳩山首相>「石川議員が起訴されないことを望む」(毎日新聞)
<安保改定50周年>日本防衛は揺るぎない…米大統領が声明(毎日新聞)
足利事件再審公判 録音テープ再生へ 菅家さん“自白”の経緯問う(産経新聞)
<車上荒らし>巨人・加治前選手、ゴルフバッグなくなる(毎日新聞)

新型インフル 輸入ワクチン不要 46都道府県希望せず(産経新聞)

 新型インフルエンザの輸入ワクチンについて、厚生労働省は22日、山梨県を除く46都道府県が入荷を希望していないことを明らかにした。輸入ワクチンをめぐっては国の方針が当初の「2回接種」から「1回接種」に変更されたことから、「余る」と指摘されてきた。厚労省は余ったワクチンを備蓄する方針だが、使用期限が約半年と短いものもあり、一部の契約解除や途上国への寄付なども視野に入れ、在庫の有効利用を検討し始めた。

                   ◇

 厚労省はワクチンの輸入に向け、今月から全国の都道府県に対し、必要量を調査していた。

 その結果、現段階で入荷を希望したのは山梨県の200人分のみ。ほかの都道府県は入荷を希望しなかった。

 厚労省はグラクソ・スミスクライン社(英国)とノバルティス社(スイス)の2社から計9900万人分の輸入を予定している。今後、入荷希望が増えたとしても大量の在庫が生じることは必至だ。厚労省は「まだ国産の出荷が続いており見合わせた自治体が多いのではないか。今後は増える可能性もある」としているが、流行が下火になる中、接種希望者は減少しており、国産ワクチンですら余っているのが現状だ。

 こうした事態に、医療機関からは怒りの声も出始めている。東京都世田谷区の診療所「しまだクリニック」の島田知則院長は「こんなことになるなら、センター試験前に受験生に打ってあげられた」と憤る。同院では、11月ごろ受験生から接種希望が殺到したが、国が接種を認めた優先対象者でなかったため、すべて断っていたという。

 輸入ワクチンについては「副作用への不安が根強く、接種を希望する人は少ないだろう」と話し、今後も入荷するつもりはないという。

 都内のある総合病院では、国産ワクチンですら約1千人分が余った状態。「不足してパニックかと思えば、今度は余剰が出てしまった。最終的な負担は税金を払う国民と、医療現場に回ってくる。国はもっと計画的な危機管理をしてほしかった」と話している。

【関連記事】
インフル患者7週連続減少 厚労省は慎重姿勢
新型インフル 欧州でワクチン解約相次ぐ
イタリアでは新型インフルのワクチンのバーゲン
新型インフル 輸入ワクチンを承認 大量在庫の懸念も 
新型インフル 確認死者数が減少傾向に

【Re:社会部】「双方向」拡充します(産経新聞)
ライフル弾は「実弾」=小沢幹事長事務所への送付−警視庁(時事通信)
<地震>静岡県で震度4=午前2時59分ごろ(毎日新聞)
小沢氏、何を語るのか…きょう事情聴取(読売新聞)
「明美ちゃん基金」に寄付金30万円 住田美容専門学校(産経新聞)

ネット調査 7割「小沢氏、議員辞職を」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件を受け、ヤフージャパンが16日に始めたネット調査の結果、17日午前0時現在、小沢氏の「議員辞職」を望む声が約7割に及んだ。また、小沢氏続投が政権や民主党にとって「マイナスになる」とする意見は約8割を占めた。辞職を望む声は民主党支持者からもあり、小沢氏を“擁護”する鳩山由紀夫首相らの意見と大きく食い違った。

 調査はヤフーが運営するサイト「みんなの政治」や「ヤフーニュース」内で実施。元私設秘書で衆院議員の石川知裕容疑者(36)の逮捕を受け、「小沢氏に望む対応」を聞いたところ、「議員辞職」が71%にあたる1万4316票を集めてトップになった。回答者の支持する政党は「民主党」が22%で「自民党」が26%、「特にない」は40%だった。

 また、「小沢氏続投は政府・民主党にとってプラスかマイナスか」と聞いた質問では、「マイナス」が79%にあたる2万5543票を獲得し、2位の「プラス」(8%)3位の「どちらかというとマイナス」(6%)など他の項目を圧倒した。

ハイチで医療援助へ、陸自110人出発=成田(時事通信)
警視庁巡査長を書類送検=アイス5個万引き容疑(時事通信)
たばこ製造販売「国民的議論待つ」=元喫煙者の請求棄却−横浜地裁(時事通信)
センター試験、初日終了へ=埼玉5会場で別室受験(時事通信)
異例の懲戒免職2回目 また飲酒運転発覚(産経新聞)

元フィギュアコーチに懲役7年=教え子の女子中生に暴行−名古屋地裁(時事通信)

 名古屋市のスケートクラブに通う女子中学生に暴行し、けがをさせたとして、強姦(ごうかん)致傷罪に問われた元フィギュアスケートコーチ酒井康資被告(58)の判決公判が21日、名古屋地裁であり、佐々木一夫裁判長は懲役7年(求刑懲役8年)を言い渡した。弁護側は無罪を主張していた。
 検察側は論告で「教え子を脅迫して性的暴行を加えた悪質な犯行で、不合理な弁解に終始し、反省の態度も見えない」として実刑を求めた。
 弁護側は最終弁論で、女子生徒とみだらな行為をしたことを認めたが、同意の上と主張。酒井被告は最終意見陳述で「わたしは無罪です。暴行などはしていません」と述べた。 

【関連ニュース】
弁護側、減刑求め結審=性犯罪初の裁判員裁判の二審
選任手続き、手話通訳付けず=裁判員候補者の要望見落とす
わいせつBDなど1万3千枚=所持容疑で4人逮捕
わいせつ容疑の整復師、不起訴不当=「被害者供述、不自然さない」
25歳巡査を懲戒免職=女子大生にわいせつ行為

「バチスタの栄光」海堂さん、ブログで賠償命令(読売新聞)
SNA機が羽田に緊急着陸、車輪にトラブル(読売新聞)
小泉被告に死刑求刑=元厚生次官宅連続襲撃−さいたま地裁(時事通信)
自衛官、大麻所持で逮捕=「自分で使用するため」−沖縄県警(時事通信)
雪の三沢飛行場、日航機立ち往生2時間余(読売新聞)

稲嶺、島袋氏が届け出=普天間移設の受け入れ争点−名護市長選(時事通信)

 任期満了に伴う沖縄県名護市長選が17日告示され、新人で前市教育長の稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社会大衆推薦=と、再選を目指す現職の島袋吉和氏(63)の無所属2人が立候補を届け出た。投開票は24日。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画受け入れの是非が最大の争点だ。
 届け出は午後5時に締め切られ、稲嶺、島袋両氏の一騎打ちとなる見通しだ。島袋氏は滑走路を沖合に移動させることを条件に、辺野古への移設を容認。自民、公明両党から支持を受けている。稲嶺氏は県外移設を主張している。 

【関連ニュース】
名護市長選が告示=普天間移設の受け入れ争点
「普天間」争点に一騎打ちへ=沖縄・名護市長選、17日告示
説明不十分なら審議拒否も=自民・川崎氏インタビュー
「移設に断固反対」=普天間問題で意見書
普天間決着「悲観的」=行き詰まり想定し代案検討を

<虚偽記載容疑>大久保被告を逮捕 小沢氏の公設第1秘書(毎日新聞)
<阪神大震災>「中越」被災者が交流 山桜の箸贈る(毎日新聞)
胆沢ダムの下請け中堅ゼネコン捜索…陸山会事件(読売新聞)
「検察が正義は大間違い」鈴木氏の批判に沸く(産経新聞)
<火炎瓶騒ぎ>小沢氏宅近くの路上 男を逮捕(毎日新聞)

翻訳家、作家の柴野拓美氏死去(時事通信)

 柴野 拓美(しばの・たくみ=翻訳家、作家)16日午後8時6分、肺炎のため神奈川県大磯町の病院で死去、83歳。金沢市出身。葬儀は親族のみで行う。喪主は妻幸子(さちこ)さん。
 小隅黎(こずみ・れい)のペンネームで「リングワールド」などのSF小説の翻訳を行ったほか、小説も執筆。57年に創刊した同人誌「宇宙塵」の代表を務め、SF作家の育成にも貢献した。 

【関連ニュース】
小田実全集、初の電子出版で=来春から刊行
室伏哲郎さん死去=「汚職の構造」のノンフィクション作家
原田康子さん死去=小説「挽歌」がベストセラー
庄野潤三さん死去=家族小説書き続けた「第三の新人」
海老沢泰久さん死去=スポーツ小説で活躍、直木賞作家

豊島区が「がん対策本部」 検診受診率アップ目指す(産経新聞)
九州北部 14日も降雪(西日本新聞)
開高健氏展 2月に青梅市で開催(産経新聞)
<浅田次郎氏>函館朝市組合に謝罪 カニ「宅配詐欺」と記述(毎日新聞)
<山岳遭難>北岳で収容された遺体は横浜の41歳会社員(毎日新聞)

滋賀県幹部を収賄容疑で逮捕=部次長級、業者から850万円−県警(時事通信)

 国庫補助金の受給などに絡み業者に便宜を図った見返りに、現金約850万円を受け取ったとして、滋賀県警捜査2課などは12日、収賄容疑で、同県商工観光労働部管理監古川久巳容疑者(56)=同県高島市マキノ町=を逮捕した。管理監は同部の次長級ポスト。
 逮捕容疑は、県東京事務所副所長だった2005年4月下旬ごろ、「グリーン近江農協」が新設するカントリーエレベーターのシステム受注に便宜を図ったほか、国庫補助金受給のため中央省庁との連絡調整に有利な取り計らいをした謝礼などとして、県内のソフトウエア開発会社社長から現金約850万円を受け取った疑い。 

【関連ニュース】
入管汚職、再発防止に全力=千葉法相
統括審査官らを送検=東京入管汚職
東京入管統括審査官を逮捕=580万収賄容疑
桑名市主査を起訴=加重収賄罪で
筑波大病院職員、収賄容疑で逮捕=患者用給食で業者から現金

<子ども手当>自治体側と協議を 茅ケ崎市長ら申し入れ(毎日新聞)
<男性不明>「埋めた」供述の場所捜索 鹿児島・栃木県警(毎日新聞)
首相動静(1月16日)(時事通信)
<訃報>田中順一郎さん80歳=三井不動産相談役 元会長(毎日新聞)
水谷元幹部の名刺押収 石川議員事務所から(産経新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。