So-net無料ブログ作成

スケート 高木美帆選手、高校推薦入試前倒し 五輪出場で(毎日新聞)

 バンクーバー冬季五輪の女子スピードスケート代表で北海道幕別町立札内中3年、高木美帆選手(15)の高校推薦入試が、1カ月近く前倒しして実施されることが決まった。五輪出場に配慮したためで、道教委高校教育課は「中学生の冬季五輪出場を想定していなかった。高校の推薦入試が前倒しになるのは聞いたことがなく、極めて異例の措置」と話している。

 高木選手が志望する帯広市立帯広南商高の推薦入試が行われる2月12日が五輪開幕日にあたることから、札内中が高校に日程変更を相談。高校と道教委、帯広市教委で協議し、特例として1月15日に面接試験を実施することにした。

 合否の結果は、他の受験生と同じ五輪期間中の2月19日に決定する。帯広南商高の川真田政夫教頭は「通常の推薦入試と同様に、内申書や自己アピール文の内容も加味し、公平に選考したい」と話している。

 高木選手は、昨年末に行われた五輪代表選考会の女子千五百メートルで優勝するなどし、スピードスケートでは史上最年少となる初の中学生代表に選ばれた。【田中裕之】

【関連ニュース】
バンクーバー五輪:聖火走者殴られ転倒 開催反対の女性に
バンクーバー五輪:組織委が先住民に運動用具の寄贈開始
スケート:重圧克服「朋美スマイル」 五輪出場女子最多に
バンクーバー五輪:聖火リレーに往年の人気者
スノーボードW杯:HPで村上初V 五輪へ前進

アイフォン研究会
f2tuyn1oのブログ
blog
てつおのブログ
fx2uurp1wyのブログ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。